ハードディスクの物理的な故障から単純ミスまで、消失したファイルをサルベージしてくれるデータ復旧会社

メニュー

確実なサルベージのために

PC操作

壊れたからと不要な操作を繰り返すのは厳禁

使っているパソコンが起動しなくなった場合、何とかしようと電源のオンオフを繰り返すのは危険です。記録媒体への無駄な書き込みが発生し、それらが読み出せなくなってしまうこともあるからです。同様に無料の修復ソフトを使ってサルベージを試みるのも注意してください。ハードディスクなどに記録されているデータは、細かく断片化されています。無料のソフトを入れて操作を行っていると、それらの一部が上書きされ復旧できなくなる恐れもあるからです。こうした不用意な行動による紛失を避けるには、よほど自信がある場合でない限りいじろうとしないことです。何もしない方がハードディスクの中身を汚すことがなく、結果として最善のデータ復旧につながるからです。パソコンが動かないときには速やかに電源を抜き、しかるべき処置を行うまで待つようにしてください。最適な修繕方法は、データ復旧の専門業者に依頼することです。こちらにお願いすれば、ハードディスク内に残されたものはほぼ取り出すことが可能です。ただし先ほども触れたように、ユーザーが自分で何とかしようといじってしまうと元通り取り出すことが難しくなります。無駄な操作をせずに、すぐに業者に連絡するのがおすすめです。壊れたハードディスクについては、データ復旧業者のもとに配送して見てもらうことになります。このとき、パソコンから取り出す際に強い衝撃を与えたり静電気に近づけたりするのは厳禁です。接続端子部に触れないよう優しく取り出し、エアクッションなどで梱包してから配送してください。

Copyright© 2019 ハードディスクの物理的な故障から単純ミスまで、消失したファイルをサルベージしてくれるデータ復旧会社 All Rights Reserved.